内分泌内科は転職よりも転科したい医師に最適?! 

内分泌内科は転職よりも転科したい医師に最適?! 

 

 

内分泌科は転職よりも転科したい医師に最適だといわれる理由は、大きく分けると3つあります。一つずつ取り上げていくことにしましょう。

 

1つ目は体内の臓器に精通している必要があるため、ある程度経験を積んだ医師の方が適しているケースがあるからです。

 

内分泌科で扱う疾患は多岐に亘りますが、最近の傾向としては甲状腺関連の疾患や代謝関連の疾患、男性性腺や女性性腺の疾患などをメインに診療しています。

 

そのため内科の中でも専門性が問われる診療科目であり、常に最先端の医療が導入されるなどやりがいを感じやすい職場となっていることがほどんどです。

 

今までの経験や技術を、内分泌領域の診療に生かしたい医師にとっては絶好の職場だといっても過言ではありません。

 

2つ目は、専門医が不足しているためキャリアアップしやすいということです。内分泌科の医師は全国的に不足しており、医師の数以上の患者が常に診察を受けている状況です。

 

ようするに需要があるにもかかわらず、対応できる医師の数が少なすぎるということになります。転職先として挙げるとすれば、急性期から慢性期の病院であったり総合病院の専門外来、クリニック等を挙げることができますが勤務形態も様々ですので、キャリアアップしたい医師の都合に合わせて職場が選べるという利点があるのです。

 

3つ目は、認定医資格や専門医資格を取得している医師が少ないため、専門性が高ければ高待遇で雇用されるチャンスが多いということです。

 

資格を取得していることに越したことはありませんが、勤務してから資格取得を目指すことも十分に可能な状況です。内分泌領域の専門性がなくても働くことは可能ですが、特定の疾患の診療に長けている方がより採用されやすくなるでしょう。

 

元々内分泌科の医師として活躍してきた場合も転職しやすい状況にあるといえますが、今後転科する医師の方が増える可能は十分にあります。適切な医療機関で働くためには今後のキャリア像を意識しながら職場を探す必要がありますので、転職サイトなどを活用しながら新しい職場を見つけるようにしたいものです。